検索
  • 認知症勉強中T

アセチルコリン仮説?

 加齢やアルツハイマー病に伴う認知機能低下が脳内のアセチルコリンの機能障害と関係するというコリン作動性仮説(コリン仮説)が約30年前に提唱され、多くの検証がなされてきました。


※1 アセチルコリン

 アセチルコリンは神経伝達物質の一種で、アセチルコリン受容体を介して神経細胞に作用し、神経活動を促進あるいは抑制する。


 特に、脳の前脳基底部にあるコリン作動性神経は大脳皮質の広範な領域に投射し、感覚・認知、運動、記憶・学習など様々な高次脳機能に関与することが知られている。


アセチルコリンとアルツハイマー型認知症

 脳の中では、たくさんの神経細胞がネットワークを組み、膨大な情報を伝えながら働いています。

 その情報を伝えるのが「神経伝達物質」とよばれる一群の物質です。

 アセチルコリンは、数ある神経伝達物質の中で、最も重要なもののひとつです。


 アルツハイマー型認知症の人が亡くなった後、脳を解剖して調べたところ「アセチルコリンの活性が低い」ことが判りました。


 そこで、アルツハイマー型認知症の一連の症状は、脳内のアセチルコリンの活性が低くなったために起きているのではないかとの仮説が立てられ、コリンエステラーゼ阻害薬が開発されました。


 コリンエステラーゼ阻害薬の特徴は、脳の中でアセチルコリンを分解する酵素の働きを抑えることにより、脳内のアセチルコリンの濃度を高める作用を持つことです。


アセチルコリン仮説についてです、古くから提唱されている仮説のようです。





#認知症

#ninchisho.org

#purelifeshop

#エキストラヴァージンオリーブオイル

#霊芝

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

アデュカヌマブ有効性に否定的

米食品医薬品局(FDA)が2020年11月6日、追加の臨床試験の必要性を示唆。 これにより承認期待値は著しく下がった。 最終段階の治験で事前に設定した評価項目を達成できなかった。 アミロイドβ仮説は厳しくなってきましたね。 ソース:2020/11/7 10:15日本経済新聞 電子版

バイオジェンについて

神経科学領域のパイオニアであるバイオジェンは、最先端の医学と科学を通じて、重篤な神経学的疾患、神経変性疾患の革新的な治療法の発見および開発を行い、その成果を世界中の患者さんに提供しています。 1978年にチャールズ・ワイスマン、ハインツ・シェイラー、ケネス・マレー、ノーベル賞受賞者であるウォルター・ギルバートとフィリップ・シャープにより設立されたバイオジェンは、世界で歴史のあるバイオテクノロジー企

お問い合わせ

wasurenai@purelifeshop.com

​©2020認知症を知ろう、認知症情報サイト

  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black