検索
  • 認知症勉強中T

アセチルコリン仮説?

 加齢やアルツハイマー病に伴う認知機能低下が脳内のアセチルコリンの機能障害と関係するというコリン作動性仮説(コリン仮説)が約30年前に提唱され、多くの検証がなされてきました。


※1 アセチルコリン

 アセチルコリンは神経伝達物質の一種で、アセチルコリン受容体を介して神経細胞に作用し、神経活動を促進あるいは抑制する。


 特に、脳の前脳基底部にあるコリン作動性神経は大脳皮質の広範な領域に投射し、感覚・認知、運動、記憶・学習など様々な高次脳機能に関与することが知られている。


アセチルコリンとアルツハイマー型認知症

 脳の中では、たくさんの神経細胞がネットワークを組み、膨大な情報を伝えながら働いています。

 その情報を伝えるのが「神経伝達物質」とよばれる一群の物質です。

 アセチルコリンは、数ある神経伝達物質の中で、最も重要なもののひとつです。


 アルツハイマー型認知症の人が亡くなった後、脳を解剖して調べたところ「アセチルコリンの活性が低い」ことが判りました。


 そこで、アルツハイマー型認知症の一連の症状は、脳内のアセチルコリンの活性が低くなったために起きているのではないかとの仮説が立てられ、コリンエステラーゼ阻害薬が開発されました。


 コリンエステラーゼ阻害薬の特徴は、脳の中でアセチルコリンを分解する酵素の働きを抑えることにより、脳内のアセチルコリンの濃度を高める作用を持つことです。


アセチルコリン仮説についてです、古くから提唱されている仮説のようです。





#認知症

#ninchisho.org

#purelifeshop

#エキストラヴァージンオリーブオイル

#霊芝

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

霊芝はアルツハイマー病を改善する という研究成果について

認知症改善サポート日本協会では、末端の血管である微小循環がスムーズに流れることで認知症をはじめ、病気 および 予防 には、血流改善 が 重要であることを認識し、皆様にお伝えしております。 医療の進歩により、 癌や心血管疾患による死亡率は、この10年で30%も減少しましたが、認知症による死亡率が 40%も 増えました。 世界的に、認知症は人類の将来にとって重要な課題です。 認知症は 自然老化と異なり

霊芝がアルツハイマー病の概念を覆す

認知症とは、脳傷害や病気による漸進性認知機能の退化のことで、この退化とは、単に自然老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみを指します。 認知症は、計算能力の低下・判断力の低下・失語・失認・失行などの様々な症状が病状の悪化と共に現れ始めます。 認知症と自然老化は全く異なるものです。 たとえば私たちは昼食のおかずを思い出せなかったとしても、昼食を食べ

日本生命、「認知症サポートプラス」発売

日本生命保険相互会社(大阪市中央区)は、認知症を保障する保険「みらいのカタチ 認知症サポートプラス」を発売しました。 認知症の診断を受けた場合に加え、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の場合でも一時金を支払うことで、認知症の早期発見・重症化予防を促す商品です。 同社では、人生100年時代を一人ひとりが安心して自分らしくより豊かに生きられる長寿時代を目指し、「Gran Age(グラン エイジ

お問い合わせ

wasurenai@purelifeshop.com

​©2020認知症を知ろう、認知症情報サイト

  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black