検索
  • 認知症勉強中T

プラズマローゲン?

最終更新: 10月1日

 藤野武彦九州大学名誉教授を座長とした研究チームが行った臨床試験などの研究結果で、


・プラズマローゲン(Pls)がアルツハイマー型認知症を改善することを世界で初めて証明。

・プラズマローゲンが細胞新生を起こすことを発見。


 体内で情報伝達に関わる重要な物質“リン脂質” 。


 リン脂質が不足すると細胞が正常には働かなくなり、血管にコレステロールが溜まって、

動脈硬化や糖尿病を引き起こす原因になります。


 このリン脂質の一つがプラズマローゲン(Pls)。


 プラズマローゲンは哺乳動物の全ての組織に存在し、人体のリン脂質の約18%を占め、

脳細胞の根源的な機能をコントロールしていると云われています。


 アルツハイマー型認知症患者の脳や血清で、プラズマローゲンが減少していることがわかっています。


 また、“プラズマローゲンとアルツハイマー型認知症との強い相関関係”も確認され

ていましたが、以前は、検出の手間や費用がかかることと、大量に抽出する技術がなかったため、その研究は進んでいませんでした。


 しかし2007年、馬渡博士がプラズマローゲンを簡単に検出する方法を発見。


 「2日がかりだったものが、1時間に短縮された感じでしょうか」(馬渡博士)


 そして、92%の高純度プラズマローゲンの大量抽出にも成功。時間とコストも抑えた簡便な抽出が可能となりました。


 世界初の発見。


・プラズマローゲンは神経細胞を新生させる


 炎症刺激で海馬の神経細胞が衰えたマウスに、プラズマローゲンを与えると、神経の新生が起こり正常なマウスに近くなりました。


・プラズマローゲンの働き


・神経細胞を新生


・アミロイドβの蓄積を抑制


・学習・記憶の向上


・シナプス・神経細胞を増強


「プラズマローゲンはBDNF(脳由来神経栄養因子)を活性化して細胞新生を起こします。

つまり、壊れた細胞を良くするのではなく、新しいバトンタッチランナーを作ってくれる。

新しい細胞が生まれればアミロイドβで壊れた細胞を改善する必要もない。

細胞新生こそが(プラズマローゲンによる認知症の)新しい治療効果であると考えています」(藤野教授)


プラズマローゲンはアミロイドβ仮説ですね。





#認知症

#ninchisho.org

#purelifeshop

#エキストラヴァージンオリーブオイル

#霊芝

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

霊芝はアルツハイマー病を改善する という研究成果について

認知症改善サポート日本協会では、末端の血管である微小循環がスムーズに流れることで認知症をはじめ、病気 および 予防 には、血流改善 が 重要であることを認識し、皆様にお伝えしております。 医療の進歩により、 癌や心血管疾患による死亡率は、この10年で30%も減少しましたが、認知症による死亡率が 40%も 増えました。 世界的に、認知症は人類の将来にとって重要な課題です。 認知症は 自然老化と異なり

霊芝がアルツハイマー病の概念を覆す

認知症とは、脳傷害や病気による漸進性認知機能の退化のことで、この退化とは、単に自然老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみを指します。 認知症は、計算能力の低下・判断力の低下・失語・失認・失行などの様々な症状が病状の悪化と共に現れ始めます。 認知症と自然老化は全く異なるものです。 たとえば私たちは昼食のおかずを思い出せなかったとしても、昼食を食べ

日本生命、「認知症サポートプラス」発売

日本生命保険相互会社(大阪市中央区)は、認知症を保障する保険「みらいのカタチ 認知症サポートプラス」を発売しました。 認知症の診断を受けた場合に加え、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の場合でも一時金を支払うことで、認知症の早期発見・重症化予防を促す商品です。 同社では、人生100年時代を一人ひとりが安心して自分らしくより豊かに生きられる長寿時代を目指し、「Gran Age(グラン エイジ

お問い合わせ

wasurenai@purelifeshop.com

​©2020認知症を知ろう、認知症情報サイト

  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black