検索
  • 認知症勉強中T

半世紀ぶりの新種ビタミン ピロロキノリンキノン)

 理化学研究所(小林俊一理事長)は、ピロロキノリンキノン(以下PQQ)と呼ばれる物質が新種のビタミンとして機能していることを世界で初めて解明しました。


 理研脳科学総合研究センター(甘利俊一センター長)精神疾患動態研究チーム(加藤忠史チームリーダー)の笠原和起基礎科学特別研究員らによる成果です。


 ビタミンは、健康を維持する上で微量ではあるが必須の物質で、体内で作り出せないために食物から摂取しなければいけません。


 ビタミンは体内において、特定の酵素と結合して酵素が正常に働けるように補助します。


 世界で最初のビタミン(現在のビタミン B1)が鈴木梅太郎博士(東京帝国大学、のちに理研)によって 1910 年に発見されて以来、1948 年に見つかったビタミン B12まで、13 種類のビタミン物質がこれまでに同定されています。


 ピロロキノリンキノン(pyrroloquinoline quinone;PQQ)は 1979年に見つかった物質で、PQQ を含まない餌をネズミに与えると生育不良や皮膚がもろくなるなどの異常が観察され、栄養学的な知見からビタミンの候補として考えられてきました。


 しかし、体内でどのような役割を担っているのか、つまりどのような酵素と結びついているのかが謎のために、ビタミンとして認められていませんでした。


 本研究では、哺乳類においてはじめて、PQQ を利用する酵素を見出しました。


 その酵素は、必須アミノ酸であるリジンの分解に関わっており、正常に働くためには

PQQ が必要であることが判明しました。


 この新しいビタミン PQQ は、健康的な生活をおくる上で重要であり、特に医療の分野において今後大きく寄与すると期待されます。


本研究成果は、英国の科学雑誌『Nature』(4 月 24 日号)に掲載されます



リジン欠乏による認知症作用に期待したいですね。





#認知症

#ninchisho.org

#purelifeshop

#エキストラヴァージンオリーブオイル

#霊芝

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

霊芝はアルツハイマー病を改善する という研究成果について

認知症改善サポート日本協会では、末端の血管である微小循環がスムーズに流れることで認知症をはじめ、病気 および 予防 には、血流改善 が 重要であることを認識し、皆様にお伝えしております。 医療の進歩により、 癌や心血管疾患による死亡率は、この10年で30%も減少しましたが、認知症による死亡率が 40%も 増えました。 世界的に、認知症は人類の将来にとって重要な課題です。 認知症は 自然老化と異なり

霊芝がアルツハイマー病の概念を覆す

認知症とは、脳傷害や病気による漸進性認知機能の退化のことで、この退化とは、単に自然老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみを指します。 認知症は、計算能力の低下・判断力の低下・失語・失認・失行などの様々な症状が病状の悪化と共に現れ始めます。 認知症と自然老化は全く異なるものです。 たとえば私たちは昼食のおかずを思い出せなかったとしても、昼食を食べ

日本生命、「認知症サポートプラス」発売

日本生命保険相互会社(大阪市中央区)は、認知症を保障する保険「みらいのカタチ 認知症サポートプラス」を発売しました。 認知症の診断を受けた場合に加え、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の場合でも一時金を支払うことで、認知症の早期発見・重症化予防を促す商品です。 同社では、人生100年時代を一人ひとりが安心して自分らしくより豊かに生きられる長寿時代を目指し、「Gran Age(グラン エイジ

お問い合わせ

wasurenai@purelifeshop.com

​©2020認知症を知ろう、認知症情報サイト

  • Twitter Basic Black
  • Facebook Basic Black